持ち物/持ち込み

東京ドームのプロ野球観戦・が10倍楽しめるグッズ5選・快適になるグッズ7選を紹介!

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でわかること
  • 野球観戦で必ず必要なもの(持ち物チェックリスト)がわかる!
  • 野球観戦が楽しくなるグッズ5選がわかる!
  • 野球観戦が快適になるグッズ7選がわかる!
  • 番外編・夏場の外出が快適になるグッズがわかる!

はじめまして「あおい まひろ」です!

私は年間10回以上東京ドームへ野球観戦やコンサート、周辺施設に遊びに行く東京生まれ東京育ちの社会人です!

初めて東京ドームへ野球観戦へ行く時に何を持って行けば良いか迷ってしまいますよね。そこで、私の経験をもと必ず持って行くものや野球観戦が10倍楽しくなるグッズや快適になるグッズを紹介致します。

東京ドームのプロ野球観戦・が10倍楽しめるグッズ5選・快適になるグッズ7選を紹介!

必ず必要なもの

野球観戦で必ず必要なものを紹介します。忘れ物リストにもなるので活用してみて下さい!

必ず必要なもの
  • 観戦チケット
  • 財布
  • スマホ
  • スマホのバッテリー

観戦チケット

QRコードの人は表示が出来るか事前にチェックしましょう!

観戦チケットは紙とQRコードの二種類ありますが、紙チケットを発券した人は必ず忘れないようにしましょう!QRコードで発券した人はスマホの画面にQRコードが表示できることを事前に確認しておきましょう!

財布

東京ドーム場内では現金が使えませんが、場外でグッズを買ったり飲食したりする場合には現金が必要なので財布を忘れないようにしましょう!

キャッシュレス(クレカ・スマホ決済・ICカード)

東京ドーム場内は現金が使えない代わりに「クレジットカード・スマホ決済・ICカード」などで支払いをします。キャッシュレスについて詳しく知りたい人はこちらの記事を読んで見て下さい!

スマホ

QRコードのチケットの人はスマホを忘れたら入場できなくなるので忘れないようにしましょう!

バッテリーと充電ケーブル

「スマホのバッテリー切れでQRコードのチケットが表示できない」 こんな事にならないようにバッテリーと充電ケーブルは忘れずに持ち歩きましょう!

万が一バッテリーを持ち忘れても東京ドーム場内や東京ドーム周辺で借りられるモバイルバッテリーのレンタルサービスがありますが、プロ野球・コンサート・イベントが開催されている日は利用者が多くレンタルできないことがあります。

応援グッズ

必ず必要ではありませんが持っていると応援チームと一体になれる感じが、より野球観戦を楽してくれます。

応援グッズ
  1. 応援タオル
  2. ユニホーム
  3. 光る応援グッズ

応援タオル

応援タオルはどの球団でも必ず販売しているグッズです。得点が入るとタオルを回してジャイアンツファンが一体になれるのでタオルは持って行きたいですね。

タオルは東京ドーム場外・場内にジャイアンツショップがあるので、東京ドームに来た思い出として現地で購入(2,000円位)することをおすすめします!(事前に欲しい人はジャイアンツのオンラインショップで購入することをおすすめします)

amazonやフリマサイトでは、型落ち(昨年以前)や公式グッズではない物が販売されているので、オンラインで購入する際はジャイアンツのオンラインショップで購入することをおすすめします。

ユニフォーム

ユニホームを着ながらの応援は、選手とより一体感を感じられるので更に観戦が楽しめるグッズの一つです。

応援タオルと同じく東京ドーム場外・場内にジャイアンツショップで購入(9,500円~)することができます。

東京ドームのジャイアンツ戦では、特定日にユニホームを配布するイベントが開催されています。ユニホーム配布デーについては、こちらの記事を参考にしてみて下さい!

ユニホームには色々な種類(グレード・ホーム・ビジター)がありますが気に入ったものを購入することをオススメいたします!またジャイアンツオンラインショップやや東京ドームや催事場などのオフィシャルショップ以外では、型落ち(昨年以前)のユニホームが多く販売されているので注意してください!

ユニホームのグレード

  • プロコレクション⇒プロ仕様ユニホーム(6万~)
  • レプリカ⇒プロコレクションのレプリカ(9,500円~)
  • ユニホームTシャツ⇒背番号が着いたTシャツ()
  • 来場者プレゼント⇒プレゼント企画のユニホーム(無料)

※ユニホームTシャツの販売が終了しているかもしれないので現地で確認できたら記事を更新致します。

ホーム・ビジターのユニホーム

  • ホーム⇒東京ドーム戦で着用する白がメインのユニホーム
  • ビジター⇒東京ドーム以外で着用するグレーがメインのユニホーム
  • 橙魂シリーズ⇒オレンジがメインのユニホーム
  • ブラックダイヤモンドシリーズ⇒黒がメインのユニホーム

キッズ用ユニホーム

ジャイアンツショップではキッズ用のユニホームも取り揃えています!

サイズは110,130,150の3サイズがあり、3/17のオープン戦では売切れるほど人気があるので、事前にオンラインショップか開場時間前(プレイボール2時間前)に来場して購入することをおすすめします!

光る応援グッズ

5回裏終了後のイニング間イベントとして、光る応援グッズを音楽に合わせて振りながら楽しめる「JUKEBOX TOKYO」が開催されます。

X(旧Twitter)で流してもらいたい曲のタイトルと「#JUKEBOXTOKYO」をつけて投稿すると、リクエスト曲が流れることがあります。

もちろん、リクエスト曲はSeptemberですね。

おーーー慎之助ー♪

他にも「帽子・応援バット・パペット・etc…」などの応援グッズがありますが、必須のタオル・王道のユニホーム・先取りの光る応援グッズがあれば盛り上がること間違いないアイテムを紹介しました。

あると便利・快適になるグッズ

野球観戦が快適になるグッズ
  1. チケットホルダー
  2. クッション&座布団
  3. 選手名鑑(本)
  4. 双眼鏡・望遠鏡
  5. 飲み物
  6. グローブ
  7. ポリ袋(ゴミ袋)

チケットホルダー

東京ドーム22ゲートでグッズ販売がされてます。

あると便利なのがチケットホルダーです。入場したり・座席を探したり・座席を離れたり・etc…。手荷物を持っているとチケットを出し入れするのが面倒だったり、チケットを何処にしまったか忘れてしまうことがあります。

チケットホルダーがあると、どこにチケットを置いたか分かり易くなるだけでなく、狭い座席で荷物や財布からチケットの出し入れが無くなるのが便利になります!

東京ドーム場外のオフィシャルショップなどでチケットホルダーを販売をしているので現地購入することをオススメ致します!

QRチケットの登場でチケットホルダー必要性がなくなってきていますが、子供達と野球観戦に行くなら紙のチケットを発券してカタチとして思い出に残すのもいかがでしょうか!

チケット購入時にオフィシャルチケットでは紙チケットがQRチケットのいずれか選択することが可能です

クッション&座布団

外野席で応援するならクッションは必ず持って行きたいグッズです!内野や2階席の座席には背もたれとクッションが付いていますが、外野の座席は背もたれとクッションがありません。

プロ野球の平均試合時間は約3時間。クッションが無いプラスチックの座席に3時間座っているとお尻が痛くなります。外野席で応援する場合にはクッションがあると快適度が増すのでお忘れなく!

選手名鑑(本)

スマホがあればプロ野球速報のアプリで、いま打っている選手や投げている投手の情報を瞬時に見ることが出来ます。

選手名鑑(本)があると、1軍の選手以外にも2軍や育成選手の情報も揃っているので、選手への親しみや愛着を感じる情報が掲載されています。

選手名鑑を持って東京ドームで推しの選手を見つけるのも楽しみの一つかもしれませんね!

双眼鏡

バックネット裏や、ベンチ裏の内野席なら選手との距離が近いので表情を見ることが出来ますが、外野席・2階席からは選手の表情を確認することは難しいです。

そんな時に双眼鏡があれば気になる選手の表情をいつでも好きな時に見ることができます!

実は双眼鏡は倍率だけ選ぶのは誤った選び方です。倍率だけで選ぶと「暗く見える・手振れで見えずらい・視界が狭くて選手が見つけにくい」など使いずらい双眼鏡を買ってしまう恐れがあります。

年に1,2回プロ野球観戦を楽しむ人であれば後悔は絶対にしたないと思います。それなりの双眼鏡は金額もそれなりになってしまいます。必要な時に使える双眼鏡をレンタルするサービスがあるので気になる人はコチラの記事も合わせて読んでみて下さい!

一般の人が選手に近い席を購入するならDAZNエキサイトシートや指定席Sになりますが、DAZNエキサイトシートは座席が少ないうえ人気が高く入手が困難です。指定席Sはベンチ裏付近でも最前列で27列目なので選手に近い席かと言われると…。

指定席Sより前の座席はシーズンシートなのですが、一般の人でも一日券を購入することが出来ます!

気になる人はこちらの記事をあわせて読んでみて下さい!

飲み物

東京ドーム場内の売店で飲み物を買うとちょっと高いので、出来たら飲み物は持ち込みたいですね。東京ドーム場内にアルコールを持ち込むことは禁止されています。

持ち込める飲み物はこちらの記事に詳しくまとめているので、合わせて読んでみて下さい!

座席にはペットボトルも置けるカップホルダーが設置されていますが、両手を使わなくても片手で使えるように設計さてれいるのでお試し下さい!

グローブ

ファールボールだけでなく試合開始前に選手がボールを投げてくれます!

グローブを持っているだけでボールが取れる期待が膨らワクワク感。

東京ドームへ行くためにわざわざ新品を購入する必要はありませんが、家にグローブがあるなら持って行くことをおすすめします!

Mizuno Pro
¥66,000 (2022/10/21 23:20時点 | Yahooショッピング調べ)

グローブには軟式用と硬式用。少年用と大人用(あまり大人用とは言いませんが…)があります。

高校野球の球児達は大人用の硬式用グローブを使っています。高いモデルだと(ミズノのミズノプロ)6万円もします。

ポリ袋(ゴミ袋)

野球観戦が快適にはなりませんが、不快にならなくて済むグッズとしてポリ袋を紹介します。

特に床に荷物を置いて観戦される人は必読です!!

東京ドームの床は塗装されていて、飲み物を溢すと広がりやすくなっています。そのため、後部座や隣の席で飲み物を溢したら必ずと言って良いほど被害が広がり、床に置いた荷物がびしょ濡れになってしまいます。(私は経験済みです。。。)

床にカバンを置く人はポリ袋にカバンを入れることをオススメいたします!

双眼鏡・望遠鏡

番外編・夏場の外出が快適になるグッズ

品切り ※生産完了

こちらの商品ですが、2022/6/30時点でamazon、楽天、Yahooショッピングだけなく、大型店舗からも商品がなくなってしまいました。

東京有楽町のビックカメラで確認したところ「生産完了(生産は終了していて在庫がなくくなったら販売終了)」とのことでした。

2022/6/30有楽町ビックカメラにて

最寄駅から東京ドームまでの道のりで、顔汗のせいでメイクが崩れたりするのは嫌ですよね。。。

ハンディ扇風機を持ちながら日傘をさすと両手がふさがってしまいますよね。。。

そんな時に便利なのがSONYの新製品reonpocket3(レオンスリー)です!

専用のネックバンドにreonpocket3をセット。

ネックバンドを襟の下に隠れるような感じで装着すると、reonpocket3の冷却面が首元にあたるので、あとはスマホを操作すれば冷却面が冷えて首元を冷やすことで涼しさを感じることが出来る商品です。

ハンディ扇風機

リーズナブルに夏を快適にしたいと思う方には定番ですが、ハンディ扇風機をオススメ致します。ジャイアンツのロゴが入った商品もあります!

日傘

定番ですが日傘です。

意外と荷物にもなるので持ち歩くのためらってしまうことがありますが、コンパクトな日傘の方が持ち歩きやすいですよね。

まとめ

東京ドームの野球観戦を10倍楽しめるグッズ5選・快適になるグッズ7選を紹介してみました。

まとめ
  • チケット・財布・スマホ・バッテリー・マスクは必須
  • 応援グッズは現地でほぼ購入できる!

初めて東京ドームでジャイアンツ戦を観戦する人に向けて観戦ガイドの記事を作りました。この記事では試合観戦の情報だけでなく試合前後のイベント情報などもまとめたので合わせて読んで見て下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました。