座席/見え方

東京ドーム・座席表で自分の座席を探す方法と検索する方法を解説

本ページはプロモーションが含まれています

当ブログ記事のPR

次回も一般販売のチケット争奪戦に挑みますか?
無料で
"抽選販売"の申し込みができる!!

セゾンカードがあれば東京ドーム巨人戦のチケット抽選申込ができる

・年会費無料!
・抽選だから申し込みを急ぐ必要なし!
・シーズンシートの1日券も購入できる!

クレカの発行は面倒…と思う人が多いなら抽選申込する人も少なく当選確率が高くなる?!

年会費無料のセゾンカードで抽選申し込み

セゾンカードならシートの1日券も買える

この記事の対象者
  • 座席表から自分の座席を探す方法を知りたい人
  • 座席表の見かたを詳しく知りたい人

はじめまして「あおい まひろ」です!

私は年間30回以上東京ドームへ野球観戦や周辺施設に遊びに行っている東京生まれ東京育ちの社会人です!

東京ドームの座席表は初見の人にとって見にくいと言われています。

そのため、チケットの座席情報をもとに自分の座席を探しても見つけられない人が多くいます。

この記事では座席表から自分の席を探す方法を解説致します!

東京ドーム・座席表で自分の座席を探す方法と検索する方法を解説

座席表は公式サイトを参照

座席表は東京ドームの公式サイトにあるものを利用しましょう。こちらにリンクを貼りましたので参照します。

コンサートのアリーナ席については解説対象外です。

2階席から見たアリーナ席

座席情報の理解が重要

このQRチケットには「1階席1塁側 B02ブロック 20ゲート 2通路 29列 69番」と座席情報が記載されてます

チケットには「ブロック・ゲート・通路・列・番・塁・階」など、座席を特定する情報が記載されています。この座席情報をもとに座席表から座席の位置を調べます。しかし、座席情報の意味がわからないと座席を探すことができません。

座席情報の意味を図や写真を添えながら解説していきます。

解説する座席情報
  1. ブロック
  2. ゲート
  3. 通路

座席情報の理解が面倒・時間がない人の為に読売ジャイアンツの公式サイトに座席位置を検索できるページがあるので活用してみて下さい!

  1. ここから読売ジャイアンツ公式サイトへアクセス
  2. 画面上部右の「チケット」をタップ
  3. 下へスライドして特別チケットの「SEASON SEAT 2024」をタップ
  4. 画面右上の三(ハンバーガーメニュー)をタップ
  5. 料金表>座席図の順にタップ
  6. 下にスライドして「座席検索」をタップ
  7. 「座席ブロックを選択」をタップ

後は調べたい座席情報を選択すると座席位置が検索できます。

ブロックが理解できれば9割特定できる

階段や通路で区切られた座席のエリアがブロックです。座席を探す時に一番はじめにブロックを探しておおよその座席の位置を調べます。

ブロックにはA1やE26など英語と数字で組み合わせられており、それぞれの意味が分かればブロックの位置が探しやすくなります。

ブロックの意味が理解ができれば9割座席の位置が特定できたと言っても過言ではありません。

英語の意味(A・B・C・D・E・F・G)

ブロックの英語は「A~G」があり、グラウンドに近い順にからG・A・B・C・D・E・F・の順番に並んでいます。(Gは外野席全般です)

グラウンドにせせり出ているエキサイトシートがG。1階席の前方がAで後方がB。1階席と2階席の間にあるバルコニー席はC。2階席の前方がDで後方がE。外野席全般がFになります。

ブロックの英語
  • G:エキサイトシート
  • A:1階席前列
  • B:1階席後列
  • C:バルコニー席
  • D:2階席後列
  • E:2階席後列
  • F:外野席
出典:SEASON SEAT MAP 2023

Gのエキサイトシートは後からできた座席です。

数字(1から58)

ブロックの数字はライトポールからレフトポールまで時計回りに1,2,3,4,5…49の順番にブロックが並んでいます。

外野席は、レフトポールからライトポールまで時計回りに1,2,3,4,5…20の順番にブロックが並んでいます。

出典:SEASON SEAT MAP 2023

下は実際に東京ドームで撮影した写真で黄色の縦の棒がポールです。左の写真がレフトポール・右の写真がライトポールです。

現地ではブロックで座席を探すことが出来ません。なぜなら現地ではブロックによる座席案内をしていないからです。※「xxブロックはこちら」のような案内板はありません

現地ではチケットに指定された「ゲート」から入場して、次に「通路・列・番」の順番で座席位置を特定します。

ゲートは入場口のこと

東京ドームへ入場するためにはゲートを通過します。座席に近いゲートの番号がチケットに記載されています。

出典:東京ドームインフォメーション

東京ドームは11個のゲートがあり、上の写真ではグレーの10番台が1階水色の20番台が2階緑の30番台が3階オレンジの40番台が4階です。

数字の始まりはライトから(写真右上から)時計回りで数えます。

バックネット(写真下側)に近い22ゲートはホームベースを守るジャイアンツの小林誠司選手(捕手)の背番号22と同じ、と覚えるとゲート位置が理解しやすくなります!

東京ドームの座席位置が分かりずらい原因の一つに「ゲートの階数・場内フロア(コンコース)の階数・座席の階数」がバラバラになっているからだと思います。

  • 1階の11ゲートから入場すると1階コンコースに出て座席は外野席
  • 2階の20番台のゲートから入場すると2階コンコースに出て座席は1階席
  • 3階の30番台のゲートから入場すると3階ラウンジに出て座席はバルコニー
  • 4階の40番台のゲートから入場すると4階コンコースに出て座席は2階席

通路は階段のこと

通路はブロックとブロックの間にある階段のことです。

出典:SEASON SEAT MAP 2023

通路はライトポール(写真右上)から時計回りに1,2,3,4,5…58の順番で東京ドームを一周します。

上の写真をタップすると1通路の様子を動画で確認できます!

列は前から数えた座席の場所

列は前から数えた座席の番号のことです。

前の座席から1,2,3,4,5…と数えます。

例えば上の図で「A09 1-26」(左上当たり)と記載されていますが、A09ブロックは1列目~26列目の座席が含まれていることが分かります。

「B09 27-47」はB09ブロックは27列目~47列目が座席が含まれていることが分かります。

上の写真のように座席の側面に列番号が表記されています(左から3列目、2列目、1列目)

番は横から数えた座席の場所

番は横から数えた座席位置のことです。

ブロックはライトポール(球場の右上)から時計回りに1,2,3,4,5…と解説したが、席はバックネットのから外野に向かって(中央から左右に広がるように)1,2,3,4,5…と数えていきます。

  • 1塁側:バックネットからライトへ座席の番が増える
  • 3塁側:バックネットからレフトへ座席の番が増える

上の写真では座席の背中に席番号が表記されていることがわかりますね。大きな矢印は11列目を指しています。座席の背中に座席番号が振られていますが右から左に数字が増えている(341,342,343…)ので、3塁側の座席になります。

塁は右側が1塁・左側が3塁

中央から右側が1塁側、左側が3塁側になります。

外野席の1塁側はライトスタンド、3塁側はレフトスタンドと呼ぶのが一般的です。

階は1階席と2階席のこと

座席の階数のことで1階席、2階席の他に、エキサイトシート・バルコニー席・外野席ライト側・外野席レフト側などが記載されていて、座席表では利用しない座席情報です。

下の画像はバックスクリーン横からバックネットに向かって撮影し、座席の階などを記載してみました。

東京ドームの座席の位置(1階席 2階席 バルコニー 外野席 エキサイトシート)

まとめ

座席表から座席の探し方を詳しく解説してみました。

最後に、当ブログでは東京ドームへ来場する人を対象にお得で役立つ情報を記事にまとめています!気になる人はあわせて読んでみて下さい!

コンサートで東京ドームへ来場する人へ!

アクセス方法・ホテル・荷物・etc…。

事前準備や当日の過ごし方、帰宅に関するまでの「東京ドームのコンサート総合ガイド」の記事を作りました。

他のブログに掲載されてない役立つ情報も載せているので、気になる人は読んでみて下さい!

本ページはプロモーションが含まれています

当ブログ記事のPR

次回も一般販売のチケット争奪戦に挑みますか?
無料で
"抽選販売"の申し込みができる!!

セゾンカードがあれば東京ドーム巨人戦のチケット抽選申込ができる

・年会費無料!
・抽選だから申し込みを急ぐ必要なし!
・シーズンシートの1日券も購入できる!

クレカの発行は面倒…と思う人が多いなら抽選申込する人も少なく当選確率が高くなる?!

年会費無料のセゾンカードで抽選申し込み

セゾンカードならシートの1日券も買える